ポリープ切除

ポリープとは

ポリープは自覚症状がほとんどないため、人間ドックや検査で初めて見つかることの多い症状です。またポリープは大腸がんの原因にもなりますが、早期発見により治療が可能なことが特徴的です。大腸がんは今や増加傾向にあり、胃がん、肺がんを抜いて発生率の高い病気です。しかし、ポリープにも種類があるため、見つかったポリープが全て大腸がんになるわけではありません。一般的には、腫瘍性ポリープ(腺腫)が数年かけて大きくなり、大腸がんに移行していくものが9割と言われています。

大腸ポリープができやすい人
  • 年齢が50歳以上
  • 大腸がんの家族歴
  • 高カロリー摂取、肥満
  • 過量のアルコール、禁煙

日帰りポリープ切除について

患者さんの多くは、人間ドックや健康診断などで指摘された方、不調を感じた方などです。当院でのポリープ切除は、患者さんの負担を減らすため、短時間で切除をおこなうよう心がけています。大腸カメラ検査(大腸内視鏡検査)の最中に、万が一ポリープを見つけた場合は、検査中に切除を同時におこなうことがほとんどです。
そのため、検査前にはポリープがあった場合の対処法も一緒に説明をさせていただきます。しかし、ポリープの場所や形状により当院での切除が難しい場合などは、他院へ紹介をさせていただくこともあります。